入職時健診等

入職時健診の費用( 労働安全衛生規則第43条)  

1万円(消費税の加算なし)

入職時の健康診断は、労働安全衛生規則第43条に定められており,検査項目も定められています。

その費用については、他の法律も含め、雇用側か労働者側のどちらかに負担義務があるのかに関しては定められていません。

保険制度は,既に疾患に罹患している場合に,その疾患の検査・治療等に適用されます。従って,健康診断は,自由診療の形でで行われます。すなわち,入職時健診等の費用は,医療機関の裁量に委ねられます。従って,医療機関により,入職時健診等の費用は異なります。

労働安全衛生規則第43条に定められ た検査項目

①既往歴及び業務歴の調査
② 自覚症状及び他覚症状の有無の検査
③ 身長、体重、腹囲、視力及び聴力(千ヘルツ及び四千ヘルツの音に係る聴力をいう。)の検査
④ 胸部エックス線検査
⑤ 血圧の測定
⑥ 貧血検査(血色素量及び赤血球数の検査)
⑦ 肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP の検査)
⑧ 血中脂質検査(LDL コレステロール、HDL コレステロール、血清トリグリセライドの検査)
⑨ 血糖検査(HbA1cでも可)
⑩ 尿検査(尿中の糖及び蛋白の有無の検査)
⑪ 心電図検査

下の書面は,さくらクリニックの電子カルテが作成する診断書で,特に指定がなければ,この様な形式で診断書の作成を致します。

もしも,就業先で,固有の記載用紙がございましたら,それをご持参下さい。それに記載させて頂きます。

①健診の前日には,夕食後は,水やお茶(砂糖なし)などの水分以外の摂取は控えてください。牛乳や,砂糖の入った飲物も控えてください。清涼飲料水やジュースなどもお控えください。

健診当日の朝も,同様です。

②かかりつけ医から処方されている薬に関しては、電話等で,前もって、ご相談ください。服薬を続けるべき薬と、服薬を一時的に中止するべき薬とをアドバイスいたします。できましたら、かかりつけ医にもご相談ください。

インスリンの皮下注射を定期的に行っている方は,電話でさくらクリニックの医師にご相談下さい。自己判断で、インスリンを、朝の空腹時に、通常通り接種することは危険です。朝食なしに、インスリンを接種することは、低血糖発作を誘発する可能性があります。それなりの対処をアドバイスいたします。できましたら、かかりつけ医にもご相談ください。

③健診を受ける際には,前もって電話等で連絡を頂き,検診日を決めさせて頂きます。原則として,開院直後に行います。所要時間は,概ね15~20分です。

④採取した血液,尿等は,その日のうちに臨床検査会社が回収し,結果は,数日後にさくらクリニックに報告されます。診断書の作成も含めると,健診後,約1週間で診断書の作成が終了します。健診から,約1週間後に,再度来院して頂けば,診断書を渡すことが出来ます。

お急ぎの場合には,お申し出ください。可能な範囲で協力させて頂きます。

⑤診断書を手渡す際には,その内容を御確認下さい。時として,その記載内容に関して,ご意見を持たれる場合があり,その際には,可能な範囲で,柔らかい表現に変えることもございます。

そのため,原則として,郵送は致しておりませんが,強い希望がある場合には,郵送料(切手代金)別途頂きます

最近は,労働安全衛生規則第43条 の項目以外の検査を要求する企業も多くなっています。

下記に,その追加検査項目の費用を提示致します。

(費用は,検査会社に支払う費用が変化すると,変わることがあります。)

◎肝炎の検査(単位は円:消費税なし)

◎梅毒の検査 (単位は円:消費税なし)

◎便の細菌検査

便培養(2菌種)(シゲラ・サルモネラ) 便      700円
便培養(3菌種)(シゲラ・サルモネラ・O157) 便  1,400円
便培養(4菌種)(シゲラ・サルモネラ・O157・ビブリオ) 便 1,500円

その他の検査に関しては,あらかじめご指定下さい。

保険診療の値段に準じて費用を算定します。