英文診断書

最近は国際間の行き来が増えているためか,英文診断書作成の依頼が増えております。様々な種類の英文での医学診断書の依頼がございますが,分野別に若干のアドバイスをさせて頂きます。

①外国留学のための英文診断書

(A)ワクチン接種済みの証明

留学する際には,留学先の大学・研究機関等が,様々なワクチンが接種済みであることを要求してきます。場合によっては,留学希望者と,留学先の機関の間を仲介する団体が介入している場合がありますが,その場合には,その団体が,接種すべき予防接種の種類を決めているようです。

その際に注意すべき点を説明します。いくつか遭遇したケースですが,ご自分で勝手に必要な予防接種を,複数の医療機関で受けてきているのですが,さくらクリニックを受診して,「私は,Aワクチン,Bワクチン,Cワクチン・・・・の接種が済んでいます。それを,英文診断書に記載して下さい。」と申されるのですが,「それでは,それらの接種記録を拝見させて下さい」というと,「その様な記録はありません。受けていることは事実ですから,英文診断書を作成して下さい。」と言い張る場合があります。こえは無理な要求です。

医師は,「確実に接種が終了している」という証明がない限り,診断書を作成することは出来ません。その証明となるのは,下記の①②③④のごときです。

① ワクチンを接種した医師が発行する「接種証明書」(発行が,有料である場合も多いと思います。)

「予診票の患者用控え」( 患者用控え がない予診票もあります。むしろない場合が多い。かもしれません。)

「予診票のコピー」

「予診票をスマホ等で撮影した写真」 でも,接種証明として認めます。

非接種者と医師の直筆の署名,ワクチンの種類,医療機関名,接種日を明確に撮影して下さい。

「母子手帳」は,当然,接種証明として認めます。

接種から相当の時間を経過した時点で,ワクチン接種を受けた医療機関に,接種証明の発行を依頼すると,過去の多数の予診票(接種記録)の中から目的の予診票を探し出すなど,診断書作成に至るまでに相当煩雑な作業が必要となります。従って,当然の帰結として,高額な文書料を請求されても致し方ありません。