Hello world!

歯科医師による医療情報開示要求に関して

最近,歯科医師が,抜歯やその他の歯科手術・治療を行う際に,医療機関に患者情報の開示を求める要請が増えております。望ましい状態に移行しているとの認識を有しております。

その際には,下記の手順を踏んで頂くよう,御願いします。

紙面を用いた文面の形でご依頼ください(カルテに準じて,さくらクリニック内部で一定期間保管)。

FAX, E-mail,電話等による依頼は固くお断り申し上げます。

また,患者さんを通じての口頭での依頼も固くお断り申し上げます。

依頼は,例外なく,書面でお願い致します。

依頼元の歯科医師の氏名は,直筆で御願いします。

その文書内部には,下記をご記載ください。

(A) 患者の氏名(フリガナを含む),生年月日,年齢,性別,住所,連絡先(電話番号・携帯番号等)

(B) 依頼先の医療機関名(東つつじケ丘さくらクリニックと明確に記載して下さい。)

(C) 口腔内の病変に関して,簡潔で結構ですから,必要なことを記載して下さい。また,過去の口腔内病変の治療歴等がありましたが,それらもご記載下さい。

(D) 近々予定している歯科医療行為の内容,その際の問題点について記載して下さい。

(E)  患者情報の開示を求める歯科医院 の名称,住所,連絡先,歯科医師氏名,また直筆による歯科医師の署名。

②その文面を,患者に渡し,さくらクリニックを受診させて頂くよう御願いします。

さくらクリニックにおいても,実際に病変部の観察を行い,場合によっては,その診察所見に立脚し,医師の立場からの意見を述べさせて頂く場合もございます。

さくらクリニック受診に伴い,「B010-2 診療情報連帯共有料 120点」の請求が発生することを,前もってご説明ください。

③さくらクリニックでは,患者が,ご自身の医療情報開示に同意していることを確認した上で,文書を作成し,患者さん(ないしは,家族の人等)に手渡します。

④文書作成は,可及的速やかに行いますが,一定の時間を要することご理解下さい。

⑤さくらクリニックが発行する書面には,下記が記載されます。

ア 患者の氏名、生年月日、連絡先

イ 診療情報の提供先保険医療機関名

ウ 提供する診療情報の内容(検査結果、投薬内容等)

エ 診療情報を提供する保険医療機関名及び担当医師名

◎さくらクリニックにおけるビスフォスフォネート製剤の使用の有無に関しては,必ず記載します。但し,他の医療機関で処方されているのですが,さくらクリニックで申告されていない場合も,しばしばあるかと思われます。最終的には,歯科医療機関の責任で御確認下さい。抗凝固薬および抗凝固作用を有している薬剤に関しても,同様に,さくらクリニックで知りうる範囲での記載となります。

◎出血・凝固に関する検査は,一部の患者にしか行っておりません。必要ならば,依頼書にその旨を記載して下さい。但し,それらの検査は,(解釈が難しいところですが)保険診療が適用されないと判断されてしまう可能性もあります。自由診療で行う場合も多いかと存じます。

抗凝固剤,アスピリン,ロトリガ等の,出血を誘発する薬を内服している場合には,歯科治療の予定に合わせて,一時的な内服の停止を行うことを原則と致します。その旨,文書内に記載致します。

◎不思議なことに,明らかに歯科医療の範囲であるはずである,歯科診療の専門領域に関してのアドバイスを求められるケースが多いのですが,当方は,歯科医学の知識は有しておりません。従って,歯科医療に係わる専門的なアドバイスはいたしかねます。

歯科医療行為は,全面的に,歯科医師の責任で行なって頂きますよう,お願い致します。この点に関しては,歯科医師宛の文面に,例外なく,記載させて頂きます。

参考資料

B010-2 診療情報連携共有料120点

1 歯科診療を担う別の保険医療機関からの求めに応じ、患者の同意を得て、検査 結果、投薬内容等を文書により提供した場合に、提供する保険医療機関ごとに患 者1人につき3月に1回に限り算定する。

2 区分番号B009に掲げる診療情報提供料(Ⅰ)(同一の保険医療機関に対して 紹介を行った場合に限る。)を算定した同一月においては、別に算定できない。

通知
(1) 診療情報連携共有料は、歯科診療を担う別の保険医療機関との間で情報共有することに より、質の高い診療が効率的に行われることを評価するものであり、歯科診療を担う別の 保険医療機関からの求めに応じ、患者の同意を得て、当該患者に関する検査結果、投薬内 容等の診療情報を提供した場合に、提供する保険医療機関ごとに3月に1回に限り算定す る。

(2) 診療情報を提供するに当たっては、次の事項を記載した文書を作成し、患者又は提供す る保険医療機関に交付する。また、交付した文書の写しを診療録に添付すること。

ア 患者の氏名、生年月日、連絡先

イ 診療情報の提供先保険医療機関名

ウ 提供する診療情報の内容(検査結果、投薬内容等)

エ 診療情報を提供する保険医療機関名及び担当医師名

(3) 診療情報連携共有料を算定するに当たっては、歯科診療を担う別の保険医療機関と連携 を図り、必要に応じて問い合わせに対応できる体制(窓口の設置など)を確保しているこ と。

(4) 同一の患者について、同一の保険医療機関に対して紹介を行い区分番号「B009」診 療情報提供料(Ⅰ)を算定した月においては、診療情報連携共有料は別に算定できない。

下記に,コメント欄が設けられていますが,ホームページを安全な状態に保つため,コメント機能は働かない様に設定されています。

“Hello world!” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です