ホームページ

標榜科

一般内科

糖尿病内科

老人内科

脳神経外科は,現在,標榜しておりません。

頭部外傷や,緊急性のある脳血管障害等は,大学病院や総合病院等の脳神経外科に,ご相談ください。当院に,CTスキャンの設備はなく,頭部外傷,発症直後の脳血管障害の診察は困難です。

脳神経外科医としての経験も長く,上記以外の,緊急性を伴わない,神経疾患に関しては,相談を承ります。神経内科関係の相談も承ります。

(1)調布市の検診

(2)入職時検診(11,000円)

(3)その他の診断書・検査

海外留学のための診断書(英文),老人施設に入所するための診断書,などもお引き受けいたしております。

日曜日でも,健診を受けることが可能です。(但し,第2,第4週目の日曜日は休診です。第1,第3,第5日曜日は診察を行っています。)

英文診断書の作成

上の写真は,「さくらクリニック」の外来に備え付けられたHbA1c測定機です。

当院に備え付けの日立の超音波診断装置。

(1)頚動脈の動脈硬化の状態

(2)肝臓や,胆石の有無

や,その他の検査に使用します。

私自身,「咳持ち」であり,「気管支喘息」の患者です。その経験を活かして,咳の診療に従事しています。

私の医者人生の最初は,東京女子医科大学脳神経外科ンター脳神経外科で,脳神経外科医として出発しました。初代の脳神経センター所長,初代の脳神経外科教授の「喜多村考一教授」師事し,その教えにより「頭痛学会」の会員にさせて頂きました。現在でも,頭痛診療に関しては,最新の新しい知識の習得に努めております。

「頭痛学会」は喜多村教授が発起人となり成立。現在でも,「日本頭痛学会 喜多村賞」が優秀な業績を有する医学者に贈られています。

(5)むずむず脚症候群の診療

「むずむず脚症候群」は,古くから知られている疾患なのですが,日本の社会全体では,未だに,疾患としての認識が乏しいのが現状です。米国でも,疾患として社会全体が認識するようになったのは,ごく最近のことです。日本での疾患頻度は,2~3%と,かなり多い疾患頻度ですが,多くの患者さんが適切な治療を受けずにいると言うのが現実です。

日本では,法的規制により,1人の医師が保有することができる「専門医資格」は,単一の診療科に限られています。その観点からすると,私は,「病理専門医」となります。そして,「国立がん研究センター中央病院 (築地)」で担当した,子宮癌や膀胱癌,また肺癌などが,本来ならば,私の専門分野です。

しかしながら,広範で多岐にわたる医療の極一部の診療しかできない医師が,日本の医師の主体を占めてしまうことに,私は常々疑問を持っておりまし。従って,「病理専門医」として働く一方,折を見ては,様々な診療分野で活動して来ました。

ブログ(1)

(A) 内視鏡検査

消化管内視鏡検査(胃カメラ・大腸ファイバー)は,当院では行っておりませんが,懇意にして頂いております,内視鏡専門のクリニックを紹介いたしております。

さくらクリニックが紹介致します内視鏡医は,テキパキとしておられ,大変腕が良く,何よりも,苦痛が殆どありません。また,診断能力も抜群です。私自身も,近々,御世話になる予定です。

(B) 調布市助成による帯状疱疹ワク

調布市の助成による帯状疱疹ワクチンの接種が2023年7月1日から始まりました。

助成対象者は50歳以上の調布市民です。

期間:令和7年3月31日(月曜日)まで

詳細は,下記の調布市のサイトで御確認下さい。

帯状疱疹ワクチン任意接種の費用助成(令和6年度)

2種類のワクチンがありますが,接種可能なのは,1種類のみとなります。

さくらクリニックでは,下記の支払いとなります。

①帯状疱疹・水痘ワクチン(日本製)= 乾燥弱毒生水痘ワクチン(1回のみ)

さくらクリニックの場合: 接種費用は 7,000円 (税込み)

7,000 円(接種費用:税込み)-4,000 円(市の助成金額)

=3,000 円 (ご本人の自己負担額:税込み)

1回の接種ですから,3,000円(税込み)を支払っていただきます。

乾燥組換え帯状疱疹ワクチン 「シングリック」 (2回)

さくらクリニックの場合: 1回の接種費用は 22,000 円

従っては,さくらクリニックでは,1回の接種で

22,000円 - 10,000円 = 12,000 円 (ご本人の自己負担額)

2回の接種が必要ですから,合計 24,000円 を,お支払い頂くことになります。

1回目の接種から2ヵ月を超えた場合であっても、6ヵ月後までに2回目の接種を行なわなくてはなりません。それ以降の場合,補助はありません。

マイナンバーカード

¶ 最近,マイナンバーカードによる受診が徐々に増えています。


• 顔面認証を行う機器は,信頼度の高い「富士通 FUJITSU の機器」を設置していますが,必ずしも,顔面認証が首尾良く出来るとは限りません。
• すなわち,同じマイナンバー・カードでも,顔面認証が可能な時と,希ながら,不可能な時があります。
• マイナンバー・カード登録時に定めた,4桁の暗証番号「◯☓▼◆」を入力する必要が,時々,生じます。
• 必ず,4桁の暗証番号「◯☓▼◆」が入力できるように準備を御願いいたします。

「さくらクリニック」設立に至る経緯

院長の私は,東つつじヶ丘のこの地で幼き日を過ごしました。

調布市立若葉小学校,調布市立第4中学校を卒業。

この周辺には,医療機関が殆どなく,住民の方々は,遠方の医療機関まで,時間をかけて通わなくてはなりません。しばらく前から,幼なじみの友人達が,「東つつじヶ丘の土地に開業ししては如何か!」と会うたびに言われてまいりました。

初めは,「開業医なんて・・・」と思っていましたが,いつしか「この地に開業し,地域の医療に貢献してみたい」と思うようになりました。

当初は,年度初めの4月1日に開業する予定でしたが,事情が重なり,遅れてしまいました。その結果,令和天応陛下が即位した5月1日と同じ日に,「さくらクリニック」は,産声を上げることとなりました。

地域住民の皆様の希望や意見を第1に優先し,「さくらクリニック」を運営していきたいと思っております。

よろしく,御願いします。

未使用サイト

dsfsfds